保育士の現状

勉強する子どもの手

保育士という言葉をよく耳にすると思います。 保育士とは、児童福祉施設などで子供たちの世話をしている方のことを言います。 ただ最近では、保育所で児童の世話をしている保育士さんも多くいます。 その意味で、保育士の仕事は大変に重要だといえます。 日本で初めて保育所が開設されたのは、1890年のことであると言われています。 その後1948年に児童福祉法が制定され、児童福祉施設として国から正式に認可されるようになったのです。 ただしその当時は保育士ではなく「保母」と呼ばれていました。 この「保母さん」という言葉も耳にしたことがあるかと思います。 男女雇用機会均等法の改正などもあり、1999年に「保育士」という言葉が正式名称になったと言われています。

最近では、「認可こども園」が全国各地で開設されています。 これは、幼稚園と保育園の両方の機能をもった画期的な施設のことです。 認可こども園や保育園などの数が増加したこともあって保育士の求人の数も多くなっています。 インターネットなどで調べると、その求人の数に驚いてしまうほどです。 専用の求人サイトも多数あり、どこも保育士不足に頭を悩ませていることがわかります。 その理由の1つが、今盛んに言われている「待機児童ゼロ」の取り組みが挙げられます。 待機児童ゼロを達成するには保育所を数多く作らなければなりません。 そうすると、当然保育士が必要となるのですが、その数が追いついていないのが現状なのです。 そのためどこの保育所も、保育士の数が足りず求人を出しているのです。 今後も待機児童の問題は、少子化の問題と相俟ってより深刻になることが予想されます。